「心のケア」に関する、すべての領域での活動を目指しています。

労災のない職場で働いていませんか?  

今の働き方では、出産や病気で、辞めなくてはいけない?
一方的に給料ダウンされた!しかたない…と受け入れていませんか?

職場に1人の職種だから、待遇の交渉などしづらい…とあきらめていませんか?
これから心理士になろうとしている学生の皆さん、
生活していけるのか?と不安を感じていませんか?

「委託契約って何だ?!」雇用形態で損していませんか?

 

  上記を読んで、ヒトゴトではない!と感じた方は、

  ぜひとも私たちとともに活動しましょう。

   わたしたち臨床心理士は、教育、医療、福祉など様々な領域で

   国民の心のケアに携わる仕事をしています。

   そして、あまり知られていないことですが、

   専門職であるのにも関わらず臨床心理士の雇用形態は劣悪です。

   低賃金のため、いくつもかけもちをしなければならない。

   非正規雇用のため、いつ使い捨てにされるかわからない。

   常に生活に不安を抱えながら働いているのが現状です。

 

   このような雇用環境のため、職場を離れる臨床心理士が後を絶たず、

   最近は資格を取得しようとする人の数も減っており、

   この状態は、子どもたちをはじめとする国民ひとりひとりへの

   サービス低下にもつながりかねません。

   そこで私たちは、このような雇用環境を改善するために、

   労働組合「臨床心理士ユニオン」を結成しました。

 

   このHPでは、ユニオンの活動のこと、

   心のケアの現場で私たちが感じること、など

  さまざまな情報を皆さんにお伝えしていきます。

  児童養護施設(福祉)の心理職を中心に立ち上げたユニオンですが、

  今後は、福祉の他にも、医療保健、教育、産業、司法といった

  臨床心理士が活躍するすべての現場へと活動領域を広げて行く予定です。

 

  掲示板やメールで、皆さんのご意見ご感想をお待ちしています。

  ユニオンに加入したい臨床心理士の方はこちらから、

  ユニオンをサポートしてくださる一般の方はこちらから、

  皆さんのアクセスをお待ちしております!

 

結成当初のメンバー。

本部・東部労働組合にて。

★NEWS★

10月2日 10月16日明治公園で、反貧困ネットワークのイベントが開催されます。

       詳しくはこちら↓ご覧ください。

        http://d.hatena.ne.jp/hanhinkon/21000000/1282538149

反貧困ネットワーク
反貧困ネットワーク

★ご協力くださった皆様と、これからご協力くださる皆様へ★

たくさんのご署名と応援のメッセージ、誠にありがとうございました。

皆さまのご尽力により全国から寄せられた署名は3000筆を超えました!

(くわしくは労働センタースタッフ日記をご覧ください)

ご署名に込められたお気持ちを最大限に活かせるよう、活動を広げてまいります。

新たにご署名くださる方はコチラからお願いいたします。