産業分科会

産業分界は企業で働く人のためにメンタルヘルスサービスである

Employee Assistance Programを提供するEAP会社や

それぞれの企業・団体・官公庁の健康相談室等で勤務する

心理職の方が加入出来る分科会です。

 

産業分野はここ数年で多くの心理職を雇用しています。

しかし、雇用形態が曖昧で、雇用契約であったり業務委託契約であったりと様々で、経営者がダイレクトに雇用者と接する機会が多くあるための

パワハラ・モラハラ・給与未払い、いきなりの事業所閉鎖などという

アクシデントが見られる分野です。

 

臨床心理士ユニオン産業分科会では雇用、賃金などについて安心して業務に従事できる環境作りに取り組んでいきます。